古い風呂釜を交換するなら|対応の早い業者に頼もう

サイズが合うことが大切

作業員

形状も考えましょう

風呂ふたはお湯が冷めないためやゴミなどが湯船に混入しない目的で利用されています。風呂ふたがある場合とない場合では湯冷めするスピードに違いがあります。買い替えや新規に風呂ふたの購入を考える場合には、サイズが合うものや素材を考えることが大切になります。既成の風呂ふたの場合には、浴槽の形にあうものが見つからない場合も多くあります。特殊な形の浴槽や出っ張りなどがある場合、通常サイズよりも大きい場合、オーダーメイドで作った場合になどがこれにあたります。特に一戸建ての注文住宅の場合には、既成のバスタブでなくオーダーメイドしていることが多いため、既製品では対応できない場合もあるのです。こうした場合には風呂ふたもオーダーしなければならないのです。専門の業者に依頼をすることによって、バスタブにあう風呂ふたを作成してくれます。この際に、カビの生えにくい素材であることや、掃除がしやすい形状なども考慮するとよいでしょう。一般的に風呂ふたとして利用されている蛇腹タイプの場合には、隅の方にカビが生えやすく、掃除も蛇腹の間を一本一本しなければならずとても手間がかかるものです。反対にフラットのタイプであれば、日常の手入れはしやすくなります。一度、設置をすると長期間使用することになるため、掃除のしやすさや衛生的に保つことができる素材である方がよいと言えます。また色もバスルームの雰囲気にあわせることもできるため、好みの風呂ふたを考えてみるとよいでしょう。