古い風呂釜を交換するなら|対応の早い業者に頼もう

選び方は形状に合わせて

主婦

素材や形状によって違う

風呂ふたは大きさ、素材、乾燥させやすさによって選ぶ人が多いです。特に保温性に優れている物を求める人が少なくありません。一般的に保温性が優れているといわれるのはパネルタイプのふたで、掃除のしやすさや軽さも人気の理由の一つです。家族が続けて入浴できず、時間に幅がある場合には保温性の高いふたを使用することで、風呂の温度を下げにくくできるでしょう。また、風呂ふたの中でもカビが生えにくく、乾燥が早く、きれいにしやすいのも特色の一つといわれています。ロール状のふたの場合には、高齢者でも軽々一人でふたを開けられるため、入浴時に負担がかからなくて済むのが特徴です。また、比較的小さめの浴槽に便利といわれているため、一人暮らしや夫婦二人だけで使用する浴槽には最適といわれています。床に立てて置けるため、小さい浴室には最適ですが、カビがつきやすいデメリットがあるため、カビ対策をしていると最適です。防カビ剤がドラッグストアに売っているので、定期的にスプレーで拭きつけておくとかびにくくなる可能性が高まります。昔ながらの木材のふたも人気となっていますが、風呂ふたとして檜をはじめとした木材の場合、多少重さがあるため、取り扱いには注意してください。特に使用後はよく乾燥させて使用しないと、ぬめりが発生してしまい、せっかくの檜が腐食してしまうといわれています。そのため、風呂ふたとして使用する場合には、1回ごとに完全に乾かせるようにしてから使用しましょう。