古い風呂釜を交換するなら|対応の早い業者に頼もう

選び方は形状に合わせて

風呂ふたは保温性や防カビ性に気を付けることで、衛生的に使い続けることができます。素材や形状に合わせて利用することで、利用しやすいものを選ぶことにつながるため、慎重に選んでください。

古くなったら取り替えよう

浴槽に湯を貼ってその保温のために風呂ふたは必要になるものです。長い年月の間には亀裂ができたり、カビて来たりする場合がありますが、簡単な取り換え方法としてはホームセンター等で幅を合わせて必要な長さにカットしてもらうという方法があります。

給湯器の取替え

男性

業者を選ぶポイント

風呂釜は突然壊れることが多く、動かなくなるとお風呂に入る事ができなくなるため、業者に依頼して交換してもらう必要があります。風呂釜を交換してもらうときの業者選びでは、すぐに対応してくれる業者を選ぶことが大切です。業者によって風呂釜を交換するときの対応スピードは異なり、年中無休で24時間受付を行っている業者を利用すれば、すぐに対応してもらえます。対応が早い業者は風呂釜の交換に期間がかかる場合には、仮の風呂釜を設置してくれるため、故障した当日からお湯を使えます。風呂釜は設置する場所や施工に経験が必要になるため、交換するときの業者選びでは実績に注目しましょう。業者によって風呂釜を交換している実績は異なり、古くから仕事を行っている業者は実績が豊富なことが多いです。実績はインターネットで業者のサイトを確認することで、過去の施工事例を調べる事ができます。風呂釜の交換を行っている業者の中には、価格を売りにしている事がありますが、価格だけを重視して業者を選ぶのは止めましょう。風呂釜は屋外に設置する設備なので、完全に壊れる前に修理などのメンテナンスが、必要になるケースが少なくありません。そのため業者を選ぶときには取り付け工事の実績だけでなく、アフターサービスの充実した業者を選ぶことが重要です。交換した風呂釜の保証を独自に行っている業者に依頼すれば、故障しても無償で直してもらえるため安心して設備を使えます。

サイズが合うことが大切

風呂ふたは湯冷めの防止などに役立つものです。新しく風呂ふたの購入を考える場合には、掃除のしやすさやサイズ、素材などをじっくりと検討することが大切です。オーダーメイドのバスタブの場合には、風呂ふたもオーダで作ることで、ぴったりのサイズになります。